テレビで話題の高齢者講習について

先日の朝にフジテレビの特ダネで高齢者講習の特集を行っていました。簡単に内容を説明すると「予約が取れない」という話題でした。運転免許を取得している高齢者が運転免許更新の際に義務として受けなければならない講習の予約が取れないということです。講習が受けられないということは、免許更新が出来ないということです。

この話題に関して、当校だけではなく全国的に講習の予約が取れないという現象が当初講習制度を開始した際から起きていました。予約が取れない理由としていろんな要因がありますが、講習を行っている教習所の数や指導員が足りていない現状があることを説明されていました。

実際、説明された内容の通りだと思います。その中でもMC小倉さんが「民間企業が指導員を養成するのに数十万円かかるので、そんなに企業としてリスクを抱えられないのでは?」とおっしゃられていました。実際に講習を行う指導員は資格を持ったものしか担当出来ないので、そのような経費が掛かる人員的な問題も正直あります。今後の課題は官民と連携して実施していく必要があることも言われていました。(認知症検査を警察で行うなど)

そのような社会問題にもなっている講習は、きんき安全自動車学校も現在たいへん混雑しており、ご予約も取りづらい状況となっておりご迷惑をお掛けしていますが、本当にお困りの方が多いので、人員的な問題だけでなく、少ない人数でも講習回数でカバーするなど体制を考えればやれることもあるかも知れませんので、4月以降の業務体制が整い次第、高齢者講習の募集をしたいと考えています。きんき安全自動車学校はいつもお客様目線は敏感に大切にしたいと思います。

卒業生様のご紹介システム

きんき安全自動車学校の卒業生様からご紹介いただきましたら卒業生様にご紹介料を進呈いたします。ご紹介料は1名/5,000円です。ご入金の確認が出来ましたら直接卒業生様にお渡しいたします。

※普通一種本科生のご紹介に限ります。
※入所後のご紹介申請は出来ません。
※お渡しは受付でお渡しいたします。
※受け取りの際に認印が必要です。