お客様から教えられたこと

京都で教習所に通うならきんき

ホームページリニューアル後からお申込が多くなり、大変感謝申し上げます。教習のご予約関して申込に必要な情報を記入してもらっていたのですが、リニューアル後の申込ページにコメント欄を設けました。そのコメント欄からご丁寧なコメントをいただいております。

単に自動車教習所の教習お申込だけの関係性でなく、お申込段階でお客様とのつながりに大変うれしく思います。そして本日のお申込の方のコメントをご紹介させていただきます。

「幼稚園の頃からきんきに行くって決めてたからです。」と書かれていました。

一行のコメントですが、涙したコメントです。私たちは、教習所のお申込を受け付けて入所のご相談などの手続きをして、教習と検定を行い、安全なドライバーになってもらうことを願って教習をしていますが、教習所お申込みからがお客様との関係性の始まりと思っていました。これはどんなご商売でも同じだと思います。

しかし、お客様からのコメントには、「幼稚園の頃からきんきに行くって決めてたからです。」と書いていただきました。なぜ幼稚園からの決心された理由などは聞いてはおりませんが、物心がついた頃から当校で運転免許を取得すると決心してくれていたことを思うと、とっても感激です。本当に未来のお客様です。

自動車教習所は、やっぱり地域社会に対していろんなことで貢献しなければならないのだと教えられました。幼稚園から13年以上も前からきんきと決心していてくれ、関係性があったと思うと本当に感謝でしかありません。幼稚園の頃に大好きな可愛い子に「きんちゃん、大きくなったら私と結婚してね」と言われていたような気分です。本当に・・・涙

自分たちの仕事と自分たちの役割を本当に教えていただきました。お名前は出せませんが本当にありがとうございました。ご期待に応えられるような教習を行い、やっぱりきんきにして良かった。と言ってもらえるような仕事をいたします。